2018年9月27日木曜日

リニューアル!ノーリツのコンロ「piatto(ピアット)」①




こんにちは!
オケゲン豊田店の伴です

週末~週明けにかけて台風が近づいていますが、
台風の備えはできていますでしょうか?
外は色々なものが飛んでくる危険性があるので
皆様十分にお気をつけください!

さて、今回はノーリツのビルトインコンロ
piatto(ピアット)」シリーズが一新し、
新たにデビューしましたのでご紹介します(^^)

piatto(ピアット)シリーズは全部で3種類
Ⅰ.piatto マルチグリル これからのスタンダード マルチグリルタイプ
Ⅱ.piatto ワイドグリル 慣れ親しんだ焼網グリル高機能タイプ
Ⅲ.piatto Light ピアットの良さを継承したお値打ちタイプ

この新しくなった「piatto」のポイントは3つ
①NEWデザイン・・・高級感・質感の大幅UP
②新形状マルチグリルタイプ・・・上級グレードの機能がピアットに展開
③NEWごとく・油はねガード・・・お手入れ性が大幅UP

①NEWデザイン
●バーナーリングカバー一体ゴトク
・ゴトクとバーナーリングカバーが一体→スタイリッシュな印象
piatto バーナーリングカバー一体ゴトク


●新フラットフェイスデザイン
・マット調ステンレスフェイス→高級感落ち着き
・グリル取手→シャープなラインでスッキリとした印象
・グリル扉「MULTI GRILL」刻印→「特別なグリル」のイメージ
piatto フラットフェイスデザイン


●点火ボタン
・メッキ仕上げ&端面処理→高級感UP
piatto 点火ボタン


●天板・ゴトク
*piatto マルチグリル
天板・・・ガラス(親水アクアコート)・アルミトップ(ラックリーナ)2種類
piatto ガラストップ

piatto アルミトップ

カラー・・・ガラストップ4種類プラチナシルバー・フラッシュオレンジ・エレガントグレー・アクアブラック)・アルミトップ2種類プラチナブラック・アッシュシルバー)
piatto プラチナシルバー
プラチナシルバー(ガラストップ)

piatto フラッシュオレンジ
フラッシュオレンジ(ガラストップ)

piatto エレガントグレー
エレガントグレー(ガラストップ)

piatto アクアブラック
アクアブラック(ガラストップ)
piatto プラチナブラック
プラチナブラック(アルミトップ)

piatto アッシュシルバー
アッシュシルバー(アルミトップ)

ゴトク・・・ステンレス・ホーロー2種類

*piatto ワイドグリル
天板・・・ガラストップ
カラー・・・4種類(マルチグリルと同様)
ゴトク・・・ステンレス・ホーロー2種類

*piatto Light
天板・・・ガラストップ
カラー・・・1種類エレガントグレー)
ゴトク・・・ホーロー

デザイン性機能性お手入れ性がグレードアップしたpiatto(ピアット)!
次回は②新形状マルチグリルタイプについて詳しくお話したいと思います!


▼メールでのお問合せはコチラの画像をクリックしてください。
 お問合せ

2018年9月20日木曜日

もはや未来的!「ネオレストNX」




はじめまして!
8月に入社しました、西山 洋亮と申します。
まだまだ駆け出しの身ではありますが、これからよろしくお願い致します!

早速ではありますが、これまでに学んだ商品内容等、ご紹介いたします。

今回は... こちらです!


トイレ,TOTO,ネオレストNX

これはTOTOのウォシュレット一体型便器、「ネオレストNX」です!!
・・・もはやデザインからして凄そうですよね...
ではその未来的機能を少しご紹介させていただきます。



1、自動で除菌!  「きれい除菌水」

トイレ,TOTO,ネオレストNX
トイレ,TOTO,ネオレストNX
なんと!
自ら除菌水を作り出すとは...    技術の進歩は凄いですね...



2、使用頻度を学習!? 「スーパーおまかせ節電」

トイレ,TOTO,ネオレストNX




今やトイレにも学習機能があろうとは...










まだまだ凄い機能が盛りだくさんですが、今回はこのくらいで...

TOTO ネオレストNXで、レストルームを未来的空間にしてみませんか?
トイレ,TOTO,ネオレストNX



▼メールでのお問合せはコチラの画像をクリックしてください。
 お問合せ

2018年9月13日木曜日

かえる。くらし。すまい。


こんにちは!
オケゲン豊田店の工藤です。


先月、名古屋で開催された 
YKKAP主催の
リノベーションフォーラム2018
に参加させて頂きました。


自分自身が学んできた建築とこれからの建築。
このフォーラムでは吸収すべき情報で溢れていました。
建築家として考える必要のあること、考え方、追究したいこと。
私は建築に携わってまだまだ日が浅いですが、
長年建築に携わっている方々でもまだまだ学ぶことだらけだと言っていました。
なので私はなおさらもっともっと学んでいきたい、学んでいくべきだと
改めて思いました。


リノベーションフォーラム2018、どんな内容だったのかを少しご紹介したいと思います。
(パンフレットより文章抜粋)
 
                                        
古い家のリノベーション住宅。
住んでみたいが、ちょっと不安。

ワインやクルマのように、家もビンテージが人気になってきました。
外国の人や、アーティストばかりでなく、
若い人を中心に、古い日本家屋でスローライフを満喫したり、
古いマンションを自分の趣味で手を入れたり、
住まいも愉しむ時代になってきました。
いいことですよね。

でも、人気に乗じて、問題もでてきています。
かっこいいから、聞こえがいいからと安易に「リノベーション」を名乗る物件が
乱発されたり、不明確なリフォーム契約でトラブルが起きていたり、
住んでから不具合が発覚したり…。

わたしたち、リノベーション住宅推進協議会は、
誰もが安心してリノベーション住宅を選べるように、
既存住宅がきちんと流通する世の中にしていきたいと考えています。

日本は今、本格的な
’’ストック型社会’’を迎えようとしています。

’’ストック型社会’’とは、価値あるものをつくって、長く大切に使う社会のこと。
地球にやさしい、持続可能な社会のことです。
日常生活に目を巡らせてみれば、クルマも服も家具も雑貨も、
ユーズド、リサイクル・リユース。
そう、新品じゃなくていいものはいい。循環型の消費スタイルが定着しつつあります。
住宅だってこれからは循環型がふさわしい。
自分なりの価値観で「いいな」と思える家を探して、手を入れながら大切に使い、
次世代へ引き継いでいく。
それが、ストック型社会の住まい選びです。
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

欧米諸国に比べ、日本の住宅はとても短命。
この差は、建物の耐久性の違いというよりも、新築偏重の日本の住宅事情に起因しています。まだ十分に使える住宅を、短い年月で使い捨てにしてしまうのは、経済的にも、環境的にもとても無駄なことです。
一方で、日本の住宅の7.5戸に1戸は”空き家”
これからは、今ある住宅を長く大切に活用していくことが求められています
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

ヨーロッパでは、前世代からの住宅ストックを引く継ぐため、
その分住宅にかかるコストを抑えることができます。
また、住宅を次世代へ引き継げるということは、住宅にかけたお金は貯蓄と
捉えることも。
ヨーロッパ人が日本人より少ない収入で、バカンスや文化へ投資するゆとりや豊かさを享受しているのは、住宅を循環的に使うストック型社会だからです。


"リノベーション”とは?
中古住宅を現代のライフスタイルに合った住まいによみがえらせることです。

■快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

リノベーションとは、中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、
その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うこと。
例えば、水・電気・ガスなどのライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。

■資産価値の目減りが少ないという特長
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

新築住宅に比べ、価格が低く、購入後の価格下落も穏やかなのが中古住宅の特徴。
リノベーション費用をかけても新築に比べ、リーズナブルに住まいを取得できるだけでなく、資産価値の目減りが少ないといえます。
また、リノベーションをすることで、価値が高まり、次世代へ優良なストックを
引き継ぐことができます。

☆環境にもやさしい
中古住宅を活用するリノベーションは、環境への負荷が少ないことも大きな特徴です。
例えば、CO2排出量は建替工事に比べて33分の1
廃棄物の発生も22分の1で済み、資源の節約に直結します。
リノベーション住宅は、未来・次世代を見据えた選択肢なのです。


”リノベーション住宅”のどこがいいの?
リノベーションを選んだ人に、その理由を尋ねてみました。

費用
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

「同じ地域・広さの新築と比べて一般的にリーズナブル。家計にもやさしいです」

立地
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

「住みたい街は新築が少なく、価格も高い人気エリア。
でも、中古に目を向けたら条件に合う物件が見つかりました!」

資産価値
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

「新築に比べて資産価値の目減りが少なくて住み替えもしやすい。
子供が独立したら夫婦二人で新しい住まいへ!」

自由設計
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

「家事が楽しくなるように、アイランドキッチンにこだわりました。
一点豪華主義ですけど(笑)」

味わい
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

「祖母が暮らしていた昭和初期の家をリノベーション。
よく手入れされた板廊下、庭の柿の木。和みます」

安心
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

「現物の通風や採光、眺望が確認でき、修繕履歴や管理状況、コミュニティの
様子も確かめられ、安心でした」

エコ
かえる。くらし。すまい。YKKAPリノベーションフォーラム

「まだ使えるものは使う。そこに共感しました。エコライフを志向する私たちには、
心地いい毎日です」



つまり、ライフスタイルに合った住まいが実現できるのです。
住まいへのこだわりは人それぞれ。
そのこだわりに応える多面的な魅力が、リノベーションの魅力です。



リノベーション住宅とは、どんな感じなのか少しでも興味をもって頂けたらと思います。
どんな選択をしてもメリット、デメリットが生まれます。ですので選択肢は多いほうがいいですよね!少しでも皆さまのお力になれたらと思います。
リフォーム・リノベーションをお考え予定でしたら、
オケゲンへお気軽にご相談下さい^^


▼メールでのお問合せはコチラの画像をクリックしてください。
 お問合せ




2018年9月6日木曜日

サンゲツのショールームへ行って来ました!




皆さんこんにちは!オケゲンの川瀬です。


先日、サンゲツのショールームへ研修を受けに行ってきました!


皆さんは、サンゲツというメーカーではどのような事業を行っているかご存知でしょうか?


まず、壁装材・床材・カーテンやテーブルクロス等の生地や織物を扱うインテリア事業、

フェンスやカーポート等のエクステリア商品を取り扱うエクステリア事業、
そして、照明器具事業です。

 
その中でも、弊社でよく取り扱わせて頂いているのは、壁紙や天井クロス等で使われる壁装材です。 

内装の張替工事をさせていただく際には、基本的にサンゲツのクロスのカタログからお客様の
お好きな柄を選んで頂きます。

何百種類とデザインがありますので、選ぶのに迷われてしまうかと思いますが
そんなときには一度ショールームへ見に行かれると、実物を見て、触って、実感できるかと思いますのでオススメです^^/
今回の研修は、最近リニューアルしたリザーブというカタログにどんな新しいデザインが追加されたのか、また、サンゲツで働かれている社員の皆様のオススメコーディネートを、何種類か実物をみながら紹介して頂くという内容でした。

研修で学んだ内容を少しだけご紹介させて頂きます。 


リニューアルしたリザーブの内容

今までは種類の少なかった、無地のカラーバリエーションが増えました。


汚れやキズに強く、施工性にも優れているため人気なウレタンコート素材の壁紙の
無地でシンプルな柄が8色追加されました。


サンゲツ 壁紙 リザーブ






















素材の良さはもちろんですが、シンプルなデザインはどんな空間にも合うので
床に柄を持ってきたかったり、壁を一面だけアクセント柄にしたいなど
違う箇所を引き立てたい方にぴったりだと思います(^^)



②光拡散壁紙が新しく追加されました。

光拡散壁紙とは、特殊配合により高い反射率を有するため光を反射してお部屋を明るくしてくれます
住宅での日中の消灯による省エネが期待できるような壁紙です。
蛍光灯・白熱電球・LEDなど幅広い照明器具に対応しております。

長時間使用する勉強部屋にオススメです!


③スーパー耐久性壁紙のカラーバリエーションが増えました。

スーパー耐久性といわれる程、キズが付きにくかったり、汚れが落としやすい壁紙です。
こちらは従来から取り扱い自体はあったのですが、シンプルでいろんな空間に合わせやすいデザインは、白色しか取り扱いがありませんでした。

ですが今回、茶色やネイビー色などシックな雰囲気に仕上がるような色も取り扱われるようになりました。

キズに強かったり、臭いなどもバリアして吸収を軽減してくれたりと、お手入れがしやすい為、
物を運び入れることや様々なお客様が出入りされることの多いオフィス等にオススメな壁紙です!



今回は、リニューアルされたリザーブというカタログのポイントをご紹介させて頂きました。
次回は、どういった組み合わせがあるのかご紹介致します(^^)/





▼メールでのお問合せはコチラの画像をクリックしてください。
 お問合せ