2018年11月15日木曜日

進歩したガスコンロ、PROGRE(プログレ)!!その2


こんにちは!オケゲンに入社して
3ヶ月半程たちました、西山です。




最近の朝方は肌寒くなってきましたね。
そんなときには温かい料理が一番ですね。
と、いうわけで今回は前回に引き続き、
ノーリツのビルトインコンロ、PROGRE(プログレ)を紹介させていただきます。

ビルトインコンロ、PROGRE














1:大活躍間違いなし!『マルチグリル』!

お魚を焼くグリルがコンロにはありますよね。
最近のコンロは、このグリルが進歩しているのです!
ビルトインコンロ、PROGRE










↑この様に、
プレートパン』や『キャセロール』といった容器を使って調理を行うことができるのです!
油を落として、ヘルシーな料理が作れるんです!
さらに自動調理ができたりと、とにかくすごいのです!



2:お手入れもラクラク!

グリルを使うと、お手入れが大変・・・ なんてことがありますよね・・・
そんな悩みも、最近のコンロはキレイに解決できちゃうのです!
横にはねる油は『サイドカバー』がきっちりガード!
お手入れの際も取り外しはかんたんです!!
ビルトインコンロ、PROGRE














天板に焦げ付きができても、水をかければ汚れを浮かせてくれる!
親水アクアコート』という加工がされているのです!
ビルトインコンロ、PROGRE














・・・いかがでしょうか?
最新のビルトインコンロ、使ってみたくなりましたでしょうか?
気になった方は、是非オケゲンにご連絡ください。


▼メールでのお問合せはコチラの画像をクリックしてください。
 お問合せ


2018年11月8日木曜日

1.5mm厚のフローリング!!両面テープで重ね貼りするだけでリフォーム完了!!








こんにちは!
豊田店の工藤です。



今回も前回に引き続きフローリングをご紹介します☆
お部屋の大部分を占める床。
床がお部屋の印象になると言っても過言ではありませんよね。
お部屋の雰囲気を変えたいけど
リフォームとなると大掛かりで何日もかかって
大変そうだな~と思ってしまいます。

そこで今回ご紹介したいのは、
Panasonicのリフォーム用の床材「WPBリフォームフロアー」です◎

パナソニック WPBリフォームフロアー

パナソニック独自の新素材WPBとはウッドプラスチックボードのことで、
樹脂と木粉を原料とする新基材です。

パナソニック WPBリフォームフロアー


1.5mmの薄さながら、フロアー、框など、必要な荷重に耐えることのできる高強度・強靭性を実現。
使用箇所に関わらず、安心してお使いいただけます。

MDFと同等の高硬度を確保
耐キャスター性や耐傷性に優れ、システムキッチンの扉などに使われているMDF材と同等の高硬度を実現しています。
シートはすり傷に強い性能を備えているので、電気カーペットもご使用になれます。

湿気による寸法変化を軽減
湿度や湿気の変化による寸法変化を、一般合板の1/2程度に抑えています。
目すき・突き上げが起こりにくくなっています。

そして魅力的なのは施工が簡単ということ!
パナソニック WPBリフォームフロアー

既存の床など、今の内装建材に両面テープで重ね貼りするだけだから、張り替え施工に比べて
工期を短縮できます。
一部屋だけの施工なら約1日で設置できます。
カッターで簡単に切断できるので大きな音もしません◎

1.5mm厚なので、開口部の納め処理が不要。

パナソニック WPBリフォームフロアー

サッシの枠に突き付けても段差ができにくく、ドア下のすき間にもそのまま貼れます。
開き戸のドア寸カットは不要で、引戸の敷居にも突き付けOKです。


WPBリフォームフロアーの性能
パナソニック WPBリフォームフロアー

カラーは9種類

パナソニック WPBリフォームフロアー
スモークオーク柄
パナソニック WPBリフォームフロアー
ウォールナット柄
パナソニック WPBリフォームフロアー
チェリー柄
パナソニック WPBリフォームフロアー
オーク柄
パナソニック WPBリフォームフロアー
メープル柄
パナソニック WPBリフォームフロアー
ホワイトオーク柄
パナソニック WPBリフォームフロアー
ヒノキ柄
パナソニック WPBリフォームフロアー
ホワイトオニックス柄
パナソニック WPBリフォームフロアー
珊瑚石(さんごいし)柄

価格は定価で、17,000(税抜)/ケース(3.3㎡)となっています。
一般的なフローリングのおよそ半分程度でリフォームできます◎
定価から割引があるので気になった方は
ぜひお気軽にお見積のご相談ください(^^)//



▼メールでのお問合せはコチラの画像をクリックしてください。
 お問合せ

2018年11月1日木曜日

給湯器-オートタイプとフルオートタイプの違い-





みなさんこんにちは!
オケゲンの川瀬です。

今の時期、急に寒くなって体調を崩されてしまった方も多いのではないでしょうか。
体調管理には気をつけて生活したいですね!


最近寒くなってきて、水廻りの設備機器の調子が悪くなったという方が増えてきました。

特に、外に設置してある給湯器は十何年と使っていると寒くなってきた時に急にお湯が出なくなってしまうという事もあるようです。

メーカーでも、取替の目安はおおよそ10年~15年といわれています!
もしそのくらいの年数が経っているお客様は、急にお湯がでなくなってしまう前に、一度取替もご検討されてみてはいかがでしょうか(^^)


給湯器にはオートタイプフルオートタイプの二種類あります。
この違いについて教えて欲しいというお客様も多いので、ブログでもご紹介します!


オートタイプ



















自動湯張り、温め直す追いだき機能自動保温機能がついています。
自動保温機能とは約30分ごとに浴槽の温度をチェックしてくれる機能です。


フルオートタイプ


















上記の機能にプラスして、次の機能が付いています。
自動配管クリーン機能・・・追いだき配管を自動で洗浄してくれる機能です。
おいだき配管は、機能の残り湯の汚れや入浴剤が溜まっていそうで不安という心配をされている方にオススメの機能です。


自動たし湯機能・・・浴槽のお湯が減ったときに、元々設定していた水位まで自動でお湯を戻してくれる機能です。
入浴される人数が多いご家庭にピッタリの機能です。


お客様のご家庭に合った商品を選んで頂けるよう、ご不明点等ありましたら
お気軽にご相談下さいませ(^^)/


ショールームに実物も展示してありますので、そちらを見ながらご説明させて頂くことも出来ますので、ぜひご来店ください!!




▼メールでのお問合せはコチラの画像をクリックしてください。
 お問合せ